業務ソリューション

機密ファイル管理の決定版!「FinalCode」

これまでの機密ファイルの取り扱いの問題点

どんな会社・組織でも機密ファイルはあるはずです。仕事を進める上でそのような重要なファイルを相手に渡すことは必要になってきます。その時にせいぜい、パスワードをかけてロックをすし、メールやファイル共有サービス、USBメモリなどでデータを渡すのが通常です。
ここからが問題で相手に渡したファイルの管理を厳密にやってくれるかどうかは相手次第でした。コピーしたり、他のファイル共有サービスにアップすることもできますし、メールでパスワードなしで送ることも可能でしょう。そのような故意に送ることはなくても、パソコンに感染したウイルスによって機密ファイルが盗まれる可能性もあります。今までは渡してしまった後はコントロール不能だったのです。ですので、事前に秘密保持契約を結んだり、機密ファイルの取り扱いルールを徹底したり、ファイルを最終的に削除したというエビデンスを相手に出してもらったりなど、人マターの運用でごまかしていたところはあります。これまでの機密ファイルの取り扱いの問題点はまとめると以下の通りです。

  • 相手にファイルを渡した後では、ファイルの取り扱いは相手次第(コピー、再配布も可能)
  • ウイルスやハッキングなどで情報漏洩のリスクは避けれらない
  • ファイルへのアクセスログが欲しい場合は、手集計でやるしかなく、運用コスト増
  • 渡したファイルの削除は、相手が削除したというエビデンスのみ。

Final Code ならこれまでの機密ファイルの取り扱いを全て解決!

Final Code ならこれまでの機密ファイルに関する問題を全て解決できます。Final Code の機能特徴は以下のとおりです。

  • 渡したファイルでもアクセス・操作ログが取れる(閲覧・印刷・編集など)
  • 閲覧回数・閲覧期間・閲覧者を制限したり、パスワードロックなど基本機能を搭載!
  • 渡したファイルでも後からアクセス権限の変更が可能
  • 渡したファイルでも後から削除が可能!(Final Codeだけ!)
  • 不正アクセスの検知・不正アクセス時に自動削除設定可能
  • 印刷時の電子透かし設定

Final Code の支える仕組み

「Final Code」はファイルの暗号化・閲覧を行うクライアントとファイルの権限情報やログを管理するサーバで構成されています。クライアントとサーバは相互に鍵情報を交換することで端末認証を行います。サーバには権限設定とログだけが保存されファイルは保存されません。このような仕組みによって渡したファイルの削除やログ収集ができるようになっています。


その他の特徴

操作は簡単。ドラッグ&ドロップして閲覧権限を設定するだけ

ファイルを「Final Code」アイコンにドラッグ&ドロップするだけ。閲覧権限設定も直感的な画面に設定でき、暗号化ファイルを簡単に作成できます。


フォルダに入れるだけで自動暗号化

よく使用する閲覧権限をテンプレート設定しフォルダに割り当てるだけで、フォルダに入れたファイルを自動的に暗号化してくれます。機密ファイルも情報漏れなし!


※ASP版の場合、有償オプションとなります。※自動暗号化フォルダは1ユーザ・1デバイス 最大5個まで(1ユーザ3デバイス利用の場合、15フォルダまで設定可能)

AD/LDAP対応で簡単運用

異動や退職時等に行うAD(Active Directory)やLDAPの更新でFinal Code側にも自動反映させることが可能です。大規模ユーザにも手間なし運用が可能です。



ファイルの暗号化・開封も「パスワードレス」


端末ごとにサーバとクライアントで自動的に認証をします。ファイルごとに暗号化パスワードの設定をする必要はありません。安全性を確保しながら、パスワードの管理が不要なので運用も楽々、作業効率もアップします!



OfficeやPDFなど主要なファイル形式に対応


グローバルで標準的に使われているアプリケーションを継続的に動作検証し対応リストに追加しています



CADにも対応! FinalCode for CAD

FinalCode for CADなら製造業で広く利用されている2D/3D CADソフトのファイルにも暗号化・追跡・削除にも対応。図面データなど超重要ファイルを完全に保護します。

動作確認済み対応確認済みCADソフトウエア
PTC社製 3DCADソフトウエアPTC Creo Parametric
ダッソー・システムズ・ソリッドワークス社製 3D CADソフトウェアSolidWorks
ダッソー・システムズ社製 3D CADソフトウエアCATIA
Autodesk社製 2D CADソフトウェアAutoCAD
DWG TrueView

印刷文書に「透かし」を印刷。紙媒体の取り扱いの意識向上に


暗号化時の設定で、印刷時に透かしを含めて印刷をさせることが可能です。紙媒体の取り扱いをするときにユーザに機密情報のセキュリティー意識を高めることができます。



選べる導入形態。クラウド版とオンプレミス版

クラウド版ならサーバ構築やサーバ保守も不要です。すぐに利用できるのもメリット。中小規模の事業者の方に最適です。オンプレミス版は手間はかかりますが、大規模ユーザにはコストメリットがあります。

導入しやすい料金体系。ライセンスは暗号化するユーザ分だけ。閲覧・編集ユーザは無制限

ライセンスは暗号化するユーザ分だけが対象です。閲覧・編集ユーザは無償で無制限。閲覧専用の「FinalCode Viewer」を無償で提供しています。

Final Code ASP(クラウド版) 10ライセンス年間25万円(税別)
Final Code for CAD(クラウド版) 10ライセンス年間49万円(税別)

※Final Codeはデジタルアーツ株式会社の登録商標です。

お問い合わせ

自社内での動作検証・運用の確認に30日間クラウド版のお試しいただけます。ご検討の方は当社までお問い合わせください。