顔認識・防犯カメラ

顔認証万引き防止システム「LYKAON(リカオン)」

これまでの防犯対策


防犯カメラを設置し、店内の画像を録画してもしもの時に確認できるようにしています。しかし万引きなど注意人物の情報を社内で周知しても、注意人物が再来店したときに気づかなかったり、忙しくて対応できないことがほとんどです。

注意人物を検知した時、リカオンPC上にアラート表示するのと同時に、PCから離れたところでもLAN経由でスタッフにパトライトと音で報らせることができます。またスマホにリカオンアプリをインストールしていると、外出先でも注意人物が来たことを報せてくれます。


これからの防犯対策は「顔認識」


顔認識で防犯力アップ! 万引き犯罪を防ぐ
防犯カメラで録画することである程度の犯罪抑止がある一方、上述の通り、積極的に犯罪を抑制する機会を逃していることがあります。リカオンの顔認識システムでは、事前に疑わしい人の顔を登録しておくことで、その人が再度来た時にアラームを鳴らして報せてくれるシステムです。それによって、また万引きなどの犯罪を行わないかスタッフに監視をさせることができます。万引きを未然に防いだり、場合によっては犯人逮捕につなげることも可能です。


リアルタイム顔認識


リカオンは防犯カメラの映像をリアルタイムで検査し、人の顔を抽出して顔データベースと照合します。それが注意人物登録されている顔の場合、警報でスタッフに報らせます。


アラート機能


注意人物を検知した時、リカオンPC上にアラート表示するのと同時に、PCから離れたところでもLAN経由でスタッフにパトライトと音で報らせることができます。


スマホプッシュ通知


スマホにリカオンアプリをインストールしていると、外出先でも注意人物が来たことを報せてくれます。オーナー・マネージャーは現場にいなくても現場に注意喚起の指示を出すことが可能です。


簡単登録


リカオンは注意人物を検索しているのと同時に顔データを抽出して、顔データベースに保存しています。あとから注意人物を簡単に登録することができます。録画画像を再生しながら注意人物を探すような面倒で時間がかかる操作は一切不要です。


クラウド対応


複数店舗・拠点を運営されている事業者様向けに注意人物のデータを拠点間で共有するクラウドサービスに対応しています。万引きなど常習性が高い犯罪は、複数の店舗で犯行を行うことが多いと言われています。社内でデータを共有し、全社の防犯力のアップにつなげられます。


適用業種


人の集まるところならどこでも防犯に役立ちます。人の入れ替わりが多く、スタッフも忙しくしているところでは、特に役立ちます。以下は、おすすめの適用業種です。

コンビニエンスストアー・食品スーパー・ディスカウントショップ・日用品販売店・衣料品店・リサイクルショップ・雑貨店・書店・中古屋・骨董品屋・パチンコ・遊技場・ホテル・駅・イベント会場・ゲームショップ・トレカショップ・マンション・アパート


万引き対策の費用対効果


万引きGメン・私服保安官の1日あたりの経費は安くて15000円ほど。1ヶ月間雇ったとするとそのコストはなんと45万円になります。リカオンで注意人物の登録をしておくことで、大幅にコスト削減につながります。さらに万引きの被害額を減少させることも可能です。


お問い合わせ


デモ機で顔認識やアラート発報、管理画面などを確認いただけます。お問い合わせください。